MENU

住宅取得のための資金援助には贈与税がかかる?

2018年10月3日

つくば住宅購入相談センターの 小島(おじま) です。

 

マイホームって非常に高価な買い物ですよね。

どんな資金計画で進めていくか頭を悩ませるところかと思います。

頭金の用意として、ご両親からの資金援助という考えもあると思います。

 

しかし、ご両親や祖父母などからの資金援助は 贈与となります

 

 

したがってご両親から500万円贈与を受けた場合、贈与税が48万5000円かかります。

 

 

なーんて言われたらびっくりしますよね?

 

安心してください!

要件をしっかり満たせば贈与税がかかりません

 

ご存知かもしれませんが、「住宅取得等資金の贈与税の非課税の特例」という制度があります。

 

若い世代の住宅取得を促す目的で、親や祖父母などから住宅を購入するために受けた資金援助であれば、贈与税がかからない金額の枠(非課税枠)を多くしますよ、というもので、2021年12月31日までの期間限定の制度です。

 

住宅の契約締結の時期や基準によって非課税枠が変わります。

契約締結日

省エネ等住宅

省エネ等以外の住宅

~2020年3月31日

1, 200万円

(3,000万円)

700万円

(2,500万円)

2020年4月1日~

 2021年3月31日

1, 000万円

(1,500万円)

500万円

(1,000万円)

2021年4月1日~

 2021年12月31日

800万円

(1,200万円)

300万円

(700万円)

※上段:消費税8%時、下段:消費税10%時

 

先ほどの例で言いますと、

ご両親から500万円住宅取得資金のための贈与を受けた場合、贈与税は0円です。

 

となります。

 

とってもありがたい制度ですよね!

 

こちらの制度を利用するには、いくつかの要件がありますので、次回確認していきたいと思います。

 

この記事の関連記事

つくば住宅購入相談センターの 小島(おじま) です。   タイトルの言葉、身に沁みます。   そうなんです。基礎が大切なんです。 どんなに立派な建物でも基礎がしっかりしていないと倒れてしまいます。   今日はお家の基礎のお話です。

つくば住宅購入相談センターの 小島(おじま) です。   突然ですが、ちょっと思い出してみてください。   今、お住まいの部屋を決めるときって、どのように決めましたか? 立地、周辺環境、築年数、家賃、間取・・・いろいろな条件があったと思い

つくば住宅購入相談センターの 小島(おじま) です。   マイホームを購入するときに見逃しがちなポイントをお教えします。 意外と気にせず、そのまま進めてしまって、いざ住み始めたら不便だなとならないよう、しっかり確認してくださいね。   そ


アーカイブ

2019

最新記事

営業案内

営業時間 9:00-18:00

相談センター代表

お客様が「将来の夢や目標を達成できるように」支援することが私の仕事です。

>> 代表者プロフィールはこちら

お家の買い方カンパニー
相談センター代表 藤井恵子

アクセス

相談センター事務所
〒305-0032

茨城県つくば市竹園1-3-8
ヨークベニマル内



© 2019 株式会社BlueStar Japan All rights reserved.